あなたの家庭には、まだ小学生以下くらいの小さいお子さんがいませんか。

子供の教育のためにいいと聞いたので、犬を今度飼おう!って思っているかもしれません。

ただ、色々世話も大変だし具体的な時期は未定・・・。

そんなあなたのために、この記事では、子供のいる家庭で犬を飼う時期は、いつくらいがベストなのか?を3パターンくらい考えてみました。

結論を言うと

赤ちゃん時期

幼稚園時期

小学生時期

の3パターンありますが、お子さんが小学生の時期が一番ベストだと考えています。

では詳しくみていきましょうね。

3才以下の赤ちゃんがいる家庭の場合

3才以下の赤ちゃんがいる家庭の場合・・・。

一番気をつけるのは、衛生面なんです。

この年代の子供は、なんでも口に入れてしまうことがあります。

犬って毛が抜けますので、赤ちゃんが犬を毛を食べないように注意が必要です。

それと、犬ってスキンシップが好きですので、赤ちゃんの口を舐めようとすることも多いです。

赤ちゃんって、まだ3歳くらいまで抵抗力が小さいです。

なので、犬に舐められることで、感染症にかかったりしますので要注意です。

幼稚園のお子さんがいる家庭の場合

幼稚園児くらいになると、衛生面はさほど気にしなくてもOKかも。

ただ、この年齢だと散歩をさせるのは厳しいですね。

なので、親のあなたが散歩する際に一緒にお子さんが同行して散歩のやり方を覚えてもらうって感じですね。

小学生のお子さんがいる家庭の場合

[PR]

>>>愛犬が元気に健康になる魔法のドッグフードとは?<<<



小学生くらいになると、散歩は一人でできるでしょう。

ただ、大型犬などは子供だとしんどいですね。

散歩の時は、ちゃんとスマホを持たせて、緊急事態のときに連絡できるようにさせましょうね。

えさやりも、お子さんにお願いできるでしょうね。

子供の心にとって、犬を飼うことで具体的に何がよくなるの??

何がよくなるのか?

子供に命の大切さと、子供に小さい生き物や他人に対する配慮、色々な想像力を対する配慮を学ばせることができます。

具体的には・・・・。

犬がしてもらって嬉しいこと

犬も病気になるし、自分よりも早く死ぬこと

犬にしちゃいけないこと

犬の散歩でフンを持ち帰らなければいけないと言うお散歩のルールを知る

友達と遊びたくて、犬の世話をしないと犬はどんな気持ちになるの?(寂しい、退屈など)

犬にとって小さい子供って迷惑なのか??

子供って、結構犬に無茶しますからね。

犬の耳を引っ張ったり、尻尾をひっぱたりなど。

犬種によりますが、じっと我慢している犬種も多いですね。

小さい子供がいる家庭で、犬を飼うなら、できれば寛大な子供好きな犬を選ぶといいでしょうね。

例えば、ゴールデンレトリバーやパグ、ミニチュアシュナウザーなどですね。